歴史あるタイマッサージ

タイ古式マッサージについて

リラクゼーション効果の高いタイ古式マッサージ

ストレス社会にある現代の日本。街を歩けば様々なリラクゼーションサロンが目に付きます。それぞれ特徴があるサロンの中で、他とは少し違うマッサージ方法で目立つのがタイ古式マッサージです。指圧よりはストレッチに近いです。

 

マッサージといえば、ベッドに寝た患者の体を施術者が手や棒・石を使って揉み解していくイメージです。そんな中、タイ古式マッサージは施術方法が少し変わっています。テレビや雑誌などで、施術者が患者の体の上に乗ったり背中から体を起こしてそらせたりしているのを見たことがありませんか?それがタイ古式マッサージの施術です。もちろん手を使ってのマッサージもしますが、タイ古式マッサージは患者の体を伸ばすストレッチも同時に行うのです。普段絶対にしないような体制に導くことで、整体のように歪みを治す効果もあります。ストレッチ効果もあります。

 

この無理な体勢はインドのヨガを彷彿とさせます。そもそもタイ古式マッサージのルーツの一つにヨガがあるため、そのような施術方法になったのだと言われています。けれどおよそ2500年前に発祥したといわれるタイ古式マッサージは、タイの歴史とともに独自の進化をとげてきました。目には見えないセンという体を流れている気のようなエネルギーを刺激し、ダイエットやデトックス効果も高いタイ古式マッサージ。施術の後は体だけじゃなく頭まですっきりしているでしょう。ストレッチの分野では、兼子ただしというストレッチトレーナーが提唱しているスピードスポーツストレッチが話題です。

 

兼子ただしのスピードスポーツストレッチは即効性の高いストレッチでスポーツをやっている人にお勧めのストレッチ手法です。DVDの教材として市販されているので、興味がある人は兼子ただしのスピードスポーツストレッチを購入してみてください。身体の柔軟性を高めるのに役立つと思いますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ